スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
寿司とか刺身とか嫌いなんです
こんにちは、あきです。
気がつけばまた今年も終わろうとしている五月。。。
気がつけばまた誰も書かないこのブログ。。。

…。
最近は毎週末雨ですね。
ゴールデンウィークあたりからずっと。
そしてこのまま梅雨に突入しそうな感じで。
今日バンド練なんですが、
雨の中機材を持っていくのってものすごく気が重い。

ここ2日は来年からお世話になる会社で面談やら懇親会やら。
面談が昼飯時だったこともあり、
「お弁当を用意するので、食べられないものがあったら言ってくださいね」と言われ、
「寿司」「刺身」などと言うのは何だか調子に乗っていると思い何も言わなかったら、
非常にありがた迷惑なことに海鮮丼が出てきました。
ある意味、食べるのに必死で面談に身が入りませんでした。
社会人って大変だなあと、変なところで感慨深かったです。


ではでは、くだらない話はこの辺にして、バンド練に行ってまいります。
新曲うまく進展するといいなあ。

スポンサーサイト
あき | 13:27:41 | Trackback(0) | Comments(2)
流行の
こんばんは、あきです。
百日咳にかかってしまいました。
先日検査した結果が、今日明かされました。

検査したときに、大学の保健センターの人に
「研究室に行ったらまずいですかね?」と尋ねたところ、
「うーん、とりあえずマスクはしてください。で、濃密な接触は避けてください」
という意味深な回答を頂いたのみだったので、
一応教授には報告したものの普通に研究室にいました。
でも学校のHPには「告知後5日間は自宅待機」と書いてあり、
教授がそれを見て心配になったため、
体はピンピンしてるのに自宅待機というはめに。

どうしたらいいものか。
とにかくみなさん気をつけてくださいね。
今流行ってるみたいですから。


あ、そういえば。
昨日臨時にバイトが入ったのですが、
高所作業というものをやりました。
生まれて初めて命綱というものをつけました。
3階か4階の建物くらいの高さの鉄柱に登ったんですけど、
初めは怖くてへっぴり腰でした。
でもこういうのって、恐怖こそが最大の敵なんですよね。
開き直って平然としてる方が安全なのです。
何はともあれ、なかなか新鮮な体験でした。

おしまい。

あき | 21:02:32 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は久しぶりに晴れたことよ。
お久しぶりです。
あきです。
最近体調を崩しておりまして。
咳のしすぎで腹筋が痛いです。
今日は大学の保健センターに行こうと思い、
はるばる電車に乗ってキャンパスに来たら、
めったにない休診日でした。

せっかくなのでサークルの部室に行くと、
さまざまな年代の様々なパートの人がいたので、
かるーくセッションしました。
私、似非ドラマーです。

ただいま研究室にいるところです。
研究室でブログ更新とはけしからんやつです。


あ、遅くなりましたが、
4/27のライブに来てくださったみなさん、
ありがとうございました☆

あき | 16:19:46 | Trackback(0) | Comments(0)
爽やかな朝に聴く
この曲で目覚めると一日が幸せ!という曲があります。
こんな天気のいい日は尚更にこの曲を起きぬけに聴きたい。。
僕にとって、そんな曲の1つが、Giovanni Mirabassiというジャズピアニストの弾く
『LE CHANT DES PARTISANS』という曲。

今朝はあまりに天気が良くて、起き抜けにパソコンで1回聴いただけでは飽き足らず、
すぐに着替え、ポータブルCDプレーヤーに『AVANTI!』を入れて、
コンビニで朝ご飯を買って、公園へ。
今の住まいから小金井公園まで徒歩1分なのです。
普段はなかなか行かない公園のちょっと奥の方まで歩いていき、ベンチに座ってこの曲を聴く。

木の葉達が風に揺られてざわめいている音がイヤフォンから漏れて入ってくる音と、
このピアノソロ曲がいい感じにマッチしていて、
さらに雲一つ無い快晴の空をバックに風に揺れる木々の風景を見ながらこの曲を聴くのは、
(朝6時台の風があまりに冷たいことには目を瞑れば)至福の時でした。

さらに、公園を散策。
ツツジ園があるようなので、ツツジが満開の頃、にまたぶらぶらしてみようと思います。
いや、せっかくいい公園の近くに住んでいるのだから、休日の朝は散歩しようか。

贅沢な朝を過ごせました。

********************

『LE CHANT DES PARTISANS』は、もともとは兵士を鼓舞する歌詞が付いている曲のようで、
その勇ましさはそのままに、凄く美しいピアノ曲にアレンジされています。
ピアノ曲はジャズ・クラシックなどジャンルを問わず好きなのですが、
中でもこれはかなり好きな1曲です。

ほっち | 01:17:38 | Trackback(0) | Comments(0)
詩の世界へ
4/27の西荻窪TURNINGのライブに来て下さった方々ありがとうございました。
アンケートも全て目を通させていただきまして、次への糧といたします。

********************

さてさて、世間はゴールデンウィークですが、小生は特に遠出をすることも無く、
のんびり過ごしております。

寝たいだけ寝て、本が読みたくなったら本屋へ行き。
昨日、本屋へ赴いてあれこれ物色しておりましたが、
ふと思い立って詩集を買ってみました。

茨木のり子さんの『倚りかからず』という詩集です。

普段小説ばっかりで詩集なんて殆ど手にしないのですが、
何となく思い立ったので。

気の向くまま数篇味わってみましたが、この人の詩は結構自分に合う気がします。
詩は読むというより味わう、と言う方がしっくり来る。
ゆっくり噛み締めるように、この詩集を味わってみようと思います。

********************

小学生の時、国語が嫌いでした。
国語の中でも詩の単元が特に嫌いでした。

自由に感じなさい、自由に感想を、自由に詩を作ってみましょう。
そこで言われている自由というものがいかに窮屈な自由なことか。
自由といいつつも、教師の求める答えというのがあるはずだ。
でも分からない分からない分からない…

そんなことばっかり思っておったので、詩というものに対する苦手意識が染み付いていたのです。

一人でひっそり自由に読むには、詩というものはこれほどまでに楽しいものなのか!

これからは折に触れて詩の世界に入っていこうと思います。

ほっち | 21:18:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。